トップ|TRAINING MATCH!

■トップチーム

【TRAINING MATCH 】

5月23日(日)

vs ACミラン佐倉 @中台球技場

35分×2+α20分

1本目0-1

2本目0-0

3本目2-1

ーーーーー

total 2-2

本日はACミラン佐倉さんとトレーニングマッチでした。3人の選手が新規で来てくれました。

1本目

ビルドアップ時に上手くボランチのところを狙われて失点。バイタルエリアで奪われるときついです。なおかつ低い位置のバイタルエリアだと失点に直結しやすいです。左サイドの崩し、ショートカウンターは複数回良い形がありました。右サイドからもシュートがありました。

2本目

前線でボールが収まらず、中々敵陣まで攻め込むことができずにたくさんシュートを食らうことになってしまいました。最後のところだけは体を張れていたのと相手のシュートがミートしなかったり、枠を捉えなかったりでなんとか失点だけは防げましたが、しんどい試合展開になりました。

3本目

若い選手主体で挑みました。縦パスをカットされ早々と失点します。しかし今度は取り返すことができました。相手のビルドアップを右サイドでカット、そのまま持ち込みゴール前へ送ったボールを2トップの1枚がニアで相手を引きつけ、ファーまでスプリントしたもう1枚が流し込み得点。美しく素晴らしいゴールでした。この得点はボールを奪ったシーン、相手選手にボールが入る前に予測して狙えていたこととしっかりファーまでスプリントしたことがポイントだったと思います。複数枚選手交代した直後、相手のミスを見逃さずに2点目を奪えました。3本目の2得点は高校生と大学生で奪いました。若い力が躍動しました。1番見応えある内容でした。

全体

ポゼッションは相手に上回られ、ボールを奪っても尚且つ1.5列目〜中盤、ボランチの少し上あたりまでプレッシャーが強くそれを掻い潜りいなそうとブランサの選手達はもがきます。創意工夫してお互いやり合うのは見応えありますね。試合をやりながら、ボールを保持して攻め入るのか、それともある程度割り切って奪い切ったボールをショートカウンターでフィニッシュまで持っていくのか、その辺りの判断ができていたのは良かったです。今回は相手にポゼッションで上回られていることから、後者の試合運びとなりました。

攻撃はしっかり崩していこうというのがブランサのサッカーですが、ここ数試合、今までよりもさらにアタッキングサードまで侵入する機会を増やせるようになってきたように感じます。となるとあとはやはり本当に最後のところ、シュートを打って点を奪うというところがテーマになります。これは継続的なテーマですがチームとして過程にはっきり意味を持たせて意図的にゴールを奪えるようにならないと試合に勝つのは難しくなります。

お互いのイメージを共有して擦り合わせをしていこうということで始まった今年度。まだまだ改善の余地はありますが(むしろそれしかない)確実に少しずつ良くはなってきています。言い換えれば伸び代しかありません。

そこで今日、小林監督は当たり前かもしれないですが、大事なことを選手達に言いました。それは「お互い相手の意見をしっかり聞きながら、主張する」ということです。

まだまだ新しいチームですし、社会人サッカーですから毎回当たり前のように満足の行く練習や練習の時間、機会、場所が確保できるわけではありません。さらにコロナ禍でもあるので余計です。またサッカーはチームスポーツですから選手それぞれがやりたいこと、描くイメージがあって当たり前です。よって当然連携はちぐはぐになるところが多々あります。

しかし、そこを上手く擦り合わせできないと自分たちが思う上のレベルには到底届きません。個々の考えやイメージを共有して融合するためには発言して仲間に伝えていかなければなりません。

個々が言いたいことを言い、やりたいことをやるだけでは進歩しません。そこをなんとかお互い融通し合い(妥協ではありません)1つにまとまっていくために発言するんです。お互いに発言し、お互いに聞き合うんです。時には感情的になることもあるでしょう。むしろその方が多いかもしれません。ですがそこにきちんと筋が通り意図があり、相手に伝えようとし、自分の言葉に責任があるのならばそれで良いのではないでしょうか。本気でやっている証拠です。年齢は関係ありません。

当たり前ですがコミュニケーションで感情だけ爆発させるのはナンセンスです。社会人サッカーであれば尚更です。みんな大人なんですから。みんな誰に言われるでもなく、自分で選択して来ているわけですし、言動の全ては自分の責任の下、選択・判断しているのですから。大人と言いましたがそこにも年齢は関係ありません。高校生だろうと大学生であろうとです。社会人サッカーに限らずサッカーとはそういうものだと思います。またブランサとはそういう考えのクラブでもあります。

人とぶつかることを恐れては先へ進めません。変化もありません。大事なのは互いに主張し聞き合うことです。これから練習でも試合でも、そういうシーンが増えてくると良いですね。

ACミラン佐倉の皆様、本日はトレーニングマッチの機会を頂きましてありがとうございました。またよろしくお願い致します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八千代ブランサフットボールクラブでは、共に戦い、共に地域に貢献し、共に八千代市を盛り上げて下さるスポンサー(パートナー)様を募集しております。我々の理念や活動に共感しご理解頂けるようでしたら、是非お声がけください。もちろん我々からもアプローチさせて頂きます。よろしくお願い致します。

トップチーム試合結果

■トップチーム

5月9日(日)

千葉県社会人サッカー2部リーグ

vs MIT FC

2-1 (1-1) WIN✨

更新が大変遅くなり、すみません。

ついにリーグ戦が開幕しました!

今年度はコロナウイルス感染症対策及び蔓延防止のため、リーグを半分に分けての開催となりました。例年よりも1試合の重みが大きくなり、1部昇格のためには1試合も負けられません。

相手のMIT FCさんは我々同様の昇格組で、尚且つサッカースタイルも近いクラブです。特徴ある良い選手が多く、以前トレーニングマッチの機会を頂いたときはサイドのドリブラーの選手に翻弄され失点を重ねてしまいました。

1部昇格のため何が何でも勝ち点を持ち帰ることを最低限の目標として結果にこだわり勝負することが今回のテーマでした。

強風が吹きつける中での試合となりました。何故か今年は未だにまともな天候での試合がありません…(笑)

しかし条件は相手も同じです。言い訳にはなりません。

守備面において、攻め込んでいく際のミスからカウンターを食らうリスクと強風であること、相手の実力を考慮し、あまり前からハイプレスには行かず、基本的には自陣に引き気味でしっかりブロックを作って待ち構えじっくりやることを共通認識の1つとして臨みました。

終始一進一退の攻防が続きます。ブランサはしっかり守備をしたあと、良い形でチャンスを作りますが、この試合も中々得点には至りません。一方MITさんは質の高い攻撃を仕掛け、ブランサのゴールに迫ります。何度もゴールキーパーのファインセーブに救われました。前半を0-0または1-0で終えたいというプランのもと、PKから先制点を奪うことに成功。しかし前半終了間際に警戒していたドリブラーを捕まえきれず、右から左に自陣を斜めに切り裂かれて失点。

1-1で前半を折り返したものの、失点の時間とタイミングが悪かったためハーフタイムの選手の表情は決して良いものではありませんでした。1-0で折り返すよりも1-1で危機感持って後半に迎えたので、ある意味落ち着けたかもしれないのが救いです。

後半も気が抜けない展開で相手の攻撃をなんとか凌ぎながらビッグチャンスを複数回迎えるも追加点がひたすら遠い。そんな中、給水タイムの直後、右から左の対角へ大きく展開し、左サイドからの仕掛けから最後はゲームキャプテンが豪快な1発を蹴り込み勝ち越しに成功!

その後ピッチ内、ベンチともに試合の終わらせ方にフォーカス、ゴールキーパーのファインセーブと相手のミスに救われ、ゴールを割らせません。最後まで集中を切らさずにタイムアップの笛を迎え、大事な一戦をものにすることができました。

非常に拮抗したゲームで、見ている方は手に汗握る、痺れるような展開でした。

MITの皆様、本日はありがとうございました。またよろしくお願い致します。

また、本日は整骨院・鍼灸院アシスト様https://assist-chiba.com/より、トレーナーに帯同して頂きました。集合から解散まで、選手のコンディショニングに尽力して下さいました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八千代ブランサフットボールクラブでは、共に戦い、共に地域に貢献し八千代市を盛り上げて下さるスポンサー様を募集しております。我々の理念や活動に共感しご理解頂けるようでしたら、是非お声がけください。

もちろん我々からもアプローチさせて頂きます。よろしくお願い致します。

トップ|TRAINING MATCH !

■トップチーム

【TRAINING MATCH 】

5月5日(水)

vs 江戸川大学 @江戸川大学駒木キャンパスG

45分×2 2-10(1-5)

本日は江戸川大学さんに練習試合の機会を頂きました。

今回のテーマは大枠として攻撃のイメージの擦り合わせをしっかりしていこうということ(これは以前から継続的なテーマです)、具体的に勝ち負けや点差に拘らず攻撃の成功体験を増やすこと、でした。もちろん負けて良い試合は決してありませんし、大量失点を良しとすることでもありません。当たり前のことですが、公式戦でしっかり勝利という結果を残すためにこの練習試合ではどこに重きを置くか、ということです。そこで今回は優先事項を攻撃の成功体験を増やし、しっかり攻撃を完結させることとして取り組みました。

しかし、今回は失点が多過ぎました。完璧に崩されてお手上げならば実力不足ということになりますが、自分たちのミスからの失点が目立ったように思えます。(確かにこれも実力不足ということにはなりますが…)チャレンジのミスではなく、イージーなミスがほとんどだったのではないでしょうか。つまり防ごうと思えば防げる失点です。ブランサの選手の技量を考慮すれば尚のことです。終始、(特に後半)ポゼッションはブランサにありましたが、テーマの通り勝ち負けと失点にこだわらずとは言え、終わってみれば大差での負けです。選手各々がスコア以上に得たものがあることを祈るだけです。

本日はコンパクトなピッチでの試合でした。いくらポゼッションがあろうと、縦に短いピッチでは前線に近い位置でのミスやボールロストがいつもよりピンチになりやすく、失点に直結する確率が高くなります。技術も大事ですが、総合的に状況を見分け判断することはいつ如何なるときも要求されます。サッカーは頭脳戦です。全体を10としたときに、技術が3でもインテリジェンスが7あればプロ選手になれると言われるくらいです。(技術3とは言え、確固たる基礎技術という前提です!)つまり、急にテクニックは身に付かずとも、意識や思考、判断の部分はすぐ変えていくことが出来ます。

ブランサのトップチームは高校生など10代の選手も所属しています。10代の若い選手によくあることで、速いプレースピードの中で周りをよく見る余裕がなく、焦って簡単にスピードを上げて前に前に行きどうにかしようとしてしまい、結果ミスやボールロスト、さらにはそれらがカウンターの原因になってしまう。そうではなくて、若さ故のこととは言え、小林監督の言葉を拝借すると「スピードは上げるべくして上げ、周りを見る余裕がないなら焦らず近くの味方にボールを預ける」ことが大切です。

また、パスコースを作る、もらう動きをする、というのは、何十メートルも走れ、ということではありません。少しステップを踏んだり、体の向きを変えて懐を作る。それだけでパスを受ける準備ができ、パスを引き出すことができます。少しでも動けば味方の視界に入りボールホルダーも気付きやすくなります。(ハーフタイムの小林監督のコーチングです。)

サッカーでは(おそらく他の競技もそうだとは思いますが)「ほんの少し」がすごく大きな影響を与えます。プレーが切れたときにすぐポジションを修正する、マークを確認する、守備の準備をする。常に微調整を繰り返すことでパスコースを作り、シュートコースを作り、得点に繋げ、勝利に繋げます。さらにはオフサイドを取る、相手のミスを誘う、ボールを奪うなど。集中しろ、頭を休めるな、考えろ、とよく言われますが、中身はちょっとしたことの連続です。

後半は前半よりもよりパススピードが上がったり、判断が早くなったりして見応えがあったように思えました。全体を通してテーマの通り攻撃の形は良いものを数多く作り出せました。ただ、やはりチャンスに対する得点の少なさが課題です。公式戦ではしっかりチャンスを得点に繋げられるようにしましょう。新しく加入してくれた選手、歳上の選手、若い選手、それぞれが融合して1つのチームになってきていると思います。少しずつ課題も解消していけるはずです。

試合中、ハーフタイム、給水のちょっとした時間にお互い頻繁にコミュニケーションを取っているシーンがあったのはとても良いことです。これからも「ほんの少し」を積み重ねて強いチームになって行きましょう。今週末にはリーグ戦が開幕します。緒戦から我々ブランサをしっかり表現して勝てるようチーム一丸となって戦いましょう!!!

江戸川大学サッカー部の皆様、本日は試合の機会を提供して頂き、ありがとうございました!またよろしくお願い致します!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八千代ブランサフットボールクラブでは、共に戦い、共に地域に貢献し八千代市を盛り上げて下さるスポンサー様を募集しております。我々の理念や活動に共感しご理解頂けるようでしたら、是非お声がけください。もちろん我々からもアプローチさせて頂きます。よろしくお願い致します。