【ゲームレポート】千葉県社会人サッカーリーグ3部4ブロック vs 千葉銀行

こんにちは!
今回は、6/21(日)に行われました、

千葉県社会人サッカーリーグ3部4ブロック vs 千葉銀行

のゲームレポートをしていきたいと思います!

  1. キャプテン正式発表!
  2. ウォーミングアップ開始!
  3. キックオフ!
  4. ハーフタイムでの一場面
  5. 後半スタート!気になる結果は?

 

■キャプテン正式発表!

最初の集合時に、小林監督より海選手をキャプテンに任命する正式発表がありました。
前回、魂のウォーミングアップをしてくれましたね。

サッカーへの熱い情熱と、仲間を思いやる優しさで、チームを引っ張っていって欲しいです!

その後、小林監督から試合に向けてのコメントがありました。

 

トップ(社会人)カテゴリーでは、サッカーを楽しみながらも結果にこだわりたい。
チームの勝利のために、今の自分に何ができるかを考えてプレーして欲しい。

その中で、「肉弾戦よりも頭の中の駆け引きの勝負」に持ち込みたい。
身体能力ばかりに頼ってしまうと、上位レベルのチーム相手に勝つことは難しい。
でも、相手を観て駆け引きをする習慣を見に付けていけば、どこかでその関係を
ひっくり返せる可能性が高まる。
そうすると、もっとサッカーが楽しくなってくる。今日も頑張ろう。

 

シンプルなことの追求!
ブランサメソッドで頑張っていきましょう!!

 

■ウォーミングアップ開始!

フィールドプレイヤーとゴールキーパーに分かれてアップ開始です!

GK陣アップの様子

フィールドプレイヤーの様子(動画)

少しずつ、試合に向けて身体を作っていきます!

 

Kickoff直前です。

試合直前、戦い方についての確認です。
写ってはいませんが、選手の皆さんは表情も締まってきて、いい雰囲気です!

各自で最終調整です。
ロングボールを入れたり、シュート練習をしたり、自分の身体の最終チェックをしたり。
この時間の過ごし方も、それぞれの雰囲気が出ていて私は観ていて面白く感じます。

いよいよKickoffです!!

 

■キックオフ!!

試合が始まりました!

八千代Brança、県リーグ2部昇格へ向けての大事な初戦です!!

クラブ選手権の経験がいきてきたのか、スムーズな立ち上がり。
前半を3-0で折り返します。

 

■ハーフタイムでの一場面

ハーフタイムのベンチにて、先輩(社会人)が後輩(チーム最年少)へアドバイスをしてくれていました。
後輩選手も熱心に聞いています。
ちなみに年の差は、中学や高校などの先輩後輩以上離れています。

「先輩が後輩の世話をしっかりする。教えてあげる。」

その後輩が経験を生かして、次の後輩にも同じようにしてあげる。
横のつながりだけではなく、縦の良いつながりも生まれる。
こういったことが自然と引き出される。サッカーのもつ魅力の一つだと感じました!

 

続いて、後半に向けてのミーティングです。

社会人ですから、それぞれの過ごし方をしつつ監督のコメントに耳を傾けます。
リーグ戦なので、勝利を目指しつつ得失点も視野に入れます。
無失点、追加点での勝利へむけて、いざ後半戦!

 

■後半スタート!気になる結果は?

それでは後半キックオフです!
八千代Brança(ブランサ)フットボールクラブの名前の由来である、
白のユニフォームがきれいな緑のグラウンドに栄えますね!

試合は、後半に2点の追加点を上げ、5-0(3-0)での勝利となりました!

県リーグ初戦を勝利で飾り、良いスタートを切ることができました。
グループ内には、昨年度のリーグ戦でいい成績を残しているチームも多く、最後まで気を抜くことはできません。
チーム一丸となり、目標の2部昇格へ向けて頑張っていきたいと思います!

運営、対戦相手の方々。応援して下さった皆様、ありがとうございました!

6月17日(水)トレーニングレポート「大切にしていること」

こんにちは!
今回は今週のトレーニングの様子をレポートしていきたいと思います。

  1. 八千代Brança(ブランサ)フットボールクラブとは?
  2. アップは「ボール回し」!
  3. サッカーに取り組む姿勢!
  4. 体だけ使っていてはダメ!

 

■八千代Brança(ブランサ)フットボールクラブとは?

当クラブは、千葉県八千代市を拠点に活動するサッカークラブです。

2020年4月設立。
現在は
・全国クラブチームサッカー選手権千葉県予選【最新結果はこちら
・千葉県社会人リーグ3部4ブロック
にエントリーし活動しております。

 

■アップは「ボール回し」!

平日トレーニングは毎週水曜日に実施しています。
社会人、学生、高校生と幅広い年代の選手が在籍しているため、TR会場も工夫して行っています。

ウォーミングアップには必ず「ボール回し」を取り入れています。
鳥かご、3vs1、4vs2、ボビーニョ、ロンド、など呼び方も色々あるようです。

一見、適当に遊んでいるように見えてしまうかもしれませんが、決してそんな事はありません。
頭を使う、周囲をよく観る、切り替えを意識することで、
サッカーの要素が盛り込まれた立派なトレーニングになります!

そして何より、楽しいんですよね!

 

■サッカーに取り組む姿勢!

先日のクラブ選手権を勝利した当クラブですが、今週は千葉県社会人リーグを控えています。
できたてホヤホヤのチームですが、少しずつチームの方向性、監督の目指すサッカーを伝えていきます。

今週のTRでは、小林監督【プロフィールはこちら】から、2つ話がありました。
1つは「サッカーに取り組む姿勢」についてでした。

現時点での能力、競技経歴、年齢、社会人や学生などの職業、色んな選手が集まっている。
仕事、勉強、プライベート、家庭、日々生活していれば様々なことがあると思う。

でも、いちサッカー選手としてグラウンドに立つ以上、今の自分にできるプレーを全力で取り組んでほしい。
そこに上手い下手は関係ない。その思いを行動で表し、真剣にサッカーをしてほしい。

…え、当たり前じゃん?と思われるかもしれません。
しかし、このシンプルで当たり前なことを追求できていないことって、意外とあるのではないかと思います。

自身がかつてプロサッカー選手としてやってきた経験があるからこそ、その重要性を改めて説いてくれているのですね。

トレーニングがスタートしました!!

 

■体だけ使っていてはダメ!

練習も半分が過ぎ、小林監督からコメントです。

ゲーム中、頭を休める時間を極力減らしていこう。例えば、セットプレーやアウトオブプレー。
周りを観て、ボールが来たり、置いたりしてから考えるということがないように。

…これも言われてみれば当たり前ですよね?
しかし、昨今の日本サッカー界において、小手先のテクニックが上手い=サッカーが上手い、というイメージが浸透してしまっている傾向にあります。

目先のプレーに囚われて、一番チャンスの生まれそうなエリアが見えてないとしたら。
果たしてそれはサッカーがうまいと言えるのか…。

「頭をつかうこと」や「周りを観ること」などの重要性をサッカーの本質から逆算して伝えてくれるのは、選手にとってとてもいい刺激になります!

この日のトレーニングは、これまで以上にクオリティーの高いものになりました。
メンバーも増え、選手もスタメンを争いながら奮闘してくれています。

今では様々な理論や考え方などが出てきていますが、サッカーの本質は変わりません。
それをいかに追求しきれるか。我々はそこを大切にしています!

さて、そんな八千代Brançaの県リーグ初陣は下記のとおりです。

2020年6月21日(日)
vs千葉銀行@JFA夢フィールド 15:10 KO
※応援観戦はコロナ禍のリスクを考慮し禁止となります。

目標は千葉県社会人リーグ2部昇格です!

応援よろしくお願いいたします!

トップ&U-18、活動スタートについて

 千葉県でも緊急事態宣言が正式に解除され、八千代Brança(ブランサ)フットボールクラブも正式に活動をスタートすることができました。
 もちろん、感染予防には徹底して活動していきます。6月13日(土)のクラブ選手権へ向けて、しっかり調整していきたいと思います。