トップチーム試合結果

■トップチーム

5月9日(日)

千葉県社会人サッカー2部リーグ

vs MIT FC

2-1 (1-1) WIN✨

更新が大変遅くなり、すみません。

ついにリーグ戦が開幕しました!

今年度はコロナウイルス感染症対策及び蔓延防止のため、リーグを半分に分けての開催となりました。例年よりも1試合の重みが大きくなり、1部昇格のためには1試合も負けられません。

相手のMIT FCさんは我々同様の昇格組で、尚且つサッカースタイルも近いクラブです。特徴ある良い選手が多く、以前トレーニングマッチの機会を頂いたときはサイドのドリブラーの選手に翻弄され失点を重ねてしまいました。

1部昇格のため何が何でも勝ち点を持ち帰ることを最低限の目標として結果にこだわり勝負することが今回のテーマでした。

強風が吹きつける中での試合となりました。何故か今年は未だにまともな天候での試合がありません…(笑)

しかし条件は相手も同じです。言い訳にはなりません。

守備面において、攻め込んでいく際のミスからカウンターを食らうリスクと強風であること、相手の実力を考慮し、あまり前からハイプレスには行かず、基本的には自陣に引き気味でしっかりブロックを作って待ち構えじっくりやることを共通認識の1つとして臨みました。

終始一進一退の攻防が続きます。ブランサはしっかり守備をしたあと、良い形でチャンスを作りますが、この試合も中々得点には至りません。一方MITさんは質の高い攻撃を仕掛け、ブランサのゴールに迫ります。何度もゴールキーパーのファインセーブに救われました。前半を0-0または1-0で終えたいというプランのもと、PKから先制点を奪うことに成功。しかし前半終了間際に警戒していたドリブラーを捕まえきれず、右から左に自陣を斜めに切り裂かれて失点。

1-1で前半を折り返したものの、失点の時間とタイミングが悪かったためハーフタイムの選手の表情は決して良いものではありませんでした。1-0で折り返すよりも1-1で危機感持って後半に迎えたので、ある意味落ち着けたかもしれないのが救いです。

後半も気が抜けない展開で相手の攻撃をなんとか凌ぎながらビッグチャンスを複数回迎えるも追加点がひたすら遠い。そんな中、給水タイムの直後、右から左の対角へ大きく展開し、左サイドからの仕掛けから最後はゲームキャプテンが豪快な1発を蹴り込み勝ち越しに成功!

その後ピッチ内、ベンチともに試合の終わらせ方にフォーカス、ゴールキーパーのファインセーブと相手のミスに救われ、ゴールを割らせません。最後まで集中を切らさずにタイムアップの笛を迎え、大事な一戦をものにすることができました。

非常に拮抗したゲームで、見ている方は手に汗握る、痺れるような展開でした。

MITの皆様、本日はありがとうございました。またよろしくお願い致します。

また、本日は整骨院・鍼灸院アシスト様https://assist-chiba.com/より、トレーナーに帯同して頂きました。集合から解散まで、選手のコンディショニングに尽力して下さいました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八千代ブランサフットボールクラブでは、共に戦い、共に地域に貢献し八千代市を盛り上げて下さるスポンサー様を募集しております。我々の理念や活動に共感しご理解頂けるようでしたら、是非お声がけください。

もちろん我々からもアプローチさせて頂きます。よろしくお願い致します。